女の人

お得に宿泊予約をして楽しい旅行を楽しむ|想い出を作る秘密

レンタカーの受付方法

複数の車

レンタカーを借りるには電話や窓口での受付、そして近年では主流なインターネットでの受付などがあります。どの手段でも受付ができますが、窓口での受付では近々なため希望車種がない場合もあります。

詳しく読む

安く使える

バス

旅行で利用することが多いものには飛行機が挙げられますが、片道10,000円を超える場合もあるため利用しづらいイメージがあります。最近では高速バスに注目が集まっており、飛行機より安価で利用することが可能になっています。

詳しく読む

効率的な交通手段

シニア女性

旅行の計画を立てる場合には交通機関として飛行機を使う方が多いものですが、意外に時短で利用できるものには高速バスが挙げられます。費用も安く、目的地に早めに到着することができるため利用者が増えています。

詳しく読む

南の島

ダイビング

日本は回りを海に囲まれていて、そのほとんどの海域でスキューバダイビングを楽しむことができます。例えば伊豆半島であれば、世界的大都市の東京から日帰りでダイビングが楽しめる世界に類を見ない海です。3日から4日の連休が取れれば、沖縄方面やグアム・サイパンへのダイビングツアーが可能です。沖縄はもちろん、グアムやサイパンは日本語が通じることが多く、日本人経営のダイビングショップもたくさんあって、気軽にリゾートダイビングが楽しめます。料金も近いということがあって、安価です。一方、移動に1日を要するような地域、例えばガラパゴスや紅海は日本人ダイバー、特にベテランダイバーにとても人気のポイントになっています。日数も費用もかかりますが、その代わり他のどこにも変えられない感動を味わうことができます。

日本人のダイバーは旅行ついでにダイビングを楽しむと言うよりも、最初からダイビングを目的としたダイビングツアーを使って宿泊予約を行ない世界中のダイビングポイントにでかけています。ダイビングツアーには往復の飛行機、宿泊費、ダイビングフィーが含まれていることがほとんどです。これまでのダイビングツアーはホテルがツインのため、1人での参加の場合にはシングルユースとして別料金がかかることがほとんどでした。しかし、長期間のダイビングツアーの場合には他の人と合わせて宿泊予約などのプランを決めることは困難です。1人で世界中の海に潜りにいくダイバーが増えてきたことから、追加料金なしでツアーに参加できるダイビングツアーも多くでてくるようになりました。その他にも、器材レンタル無料などダイバーの要望に応えたダイビングツアーがあります。